トップページへ
[ 今月の催し | 観光データ | トップへ ]
[ 三輪山 | 安倍寺跡 | 安倍文殊院 | 山田寺跡 | 談山神社 ]
長谷寺 | 大神神社 | 仏教伝来の地 | 音羽観音 | 聖林寺
 

 談山神社
 
 大和路随一の紅葉の名所として知られる談山神社、藤原鎌足を祀る神社として有名です。春と秋には昔ながらの蹴鞠が行われ多くの観光客で賑わいます。元々は多武峰寺(とうのみねでら)であったそうです。
 藤原鎌足公は中大兄皇子(なかのおおえのうじ)と多武峰(現在の本殿裏山)に登り「大化の改新」の談合を行い、後にこの山を「談い山(かたらいやま)」・「談所ヶ森」(だんじょのもり)と呼び、神社の称号の起こりとなったようです。

 現存する唯一木造の十三重の塔は白鳳七年(678年)創建の鎌足公供養塔である。唐の清涼山宝池院にあった十三層の塔を模倣したと伝えられています。
 
談山神社のホームページ
http://www.tanzan.or.jp/
[ 今月の催し | 観光データ ]
[ トップページ | 桜井情報 | 桜井観光 | エルト桜井のご案内 | さくらいジャーナル | 掲示板 | リンク集


Copyright 2001 Sakuraitoshikaihatsu co,.Ltd. All right reserved