トップページへ
[ 今月の催し | 観光データ | トップへ ]
[ 三輪山 | 安倍寺跡 | 安倍文殊院 | 山田寺跡 | 談山神社 ]
長谷寺 | 大神神社 | 仏教伝来の地 | 音羽観音 | 聖林寺
 

 聖林寺
 
 多武峰街道の途中少し小高い丘にある聖林寺は藤原家の氏寺、妙楽寺(現、談山神社)の別院として創建された古刹です。
奈良時代の名作、国宝・十一面観音や有名な天平以降各時代の仏像、仏画を今に伝え、本尊には 子授け の祈願仏、霊験あらたかな大きな石地蔵をお祀りしています。門前からは三輪山をはじめ大和盆地の東半分を一望することができます。

 十一面観音像は天平時代を代表する美しい仏像として国宝に指定されていますが、元々は大神神社の神宮寺、三輪山・大御輪寺(おおみわでら)の元の本尊です。神仏分離・廃仏毀釈の嵐が吹き荒れた慶応四年五月十六日、大八車で三輪からこの地に避難されたそうです。
 
聖林寺のホームページ
http://www1.kcn.ne.jp/~shorinji/
[ 今月の催し | 観光データ ]
[ トップページ | 桜井情報 | 桜井観光 | エルト桜井のご案内 | さくらいジャーナル | 掲示板 | リンク集


Copyright 2001 Sakuraitoshikaihatsu co,.Ltd. All right reserved