トップページへ
[ 今月の催し | 観光データ | トップへ ]
[ 三輪山 | 安倍寺跡 | 安倍文殊院 | 山田寺跡 | 談山神社 ]
長谷寺 | 大神神社 | 仏教伝来の地 | 音羽観音 | 聖林寺
 

 三輪山
 
三輪山は、奈良盆地をめぐる青垣山の中でもひときわ形の整った円錐形の山であります。古来より神の鎮まりますお山として、『古事記』や『日本書紀』には、御諸山(みもろやま)、美和山(みわやま)、三諸岳(みもろのおか)と記され、大物主神(おおものぬしのかみ)の鎮まりますお山、神体山として信仰され、三諸の神奈備(みもろのかむなび)と称されています。

 高さ467メートル、周囲16キロメートル、南は初瀬川(はせがわ)、北は巻向川(まきむくがわ)の2つの川によって区切られ、その面積はおよそ350ヘクタールとなっています。

山内の一木一草に至るまで、神宿るものとして、一切斧(おの)をいれることをせず、松・杉・檜などの大樹に覆われています
 
[ 今月の催し | 観光データ ]
[ トップページ | 桜井情報 | 桜井観光 | エルト桜井のご案内 | さくらいジャーナル | 掲示板 | リンク集


Copyright 2001 Sakuraitoshikaihatsu co,.Ltd. All right reserved