トップページへ
[ 今月の催し | 観光データ | トップへ ]
[ 三輪山 | 安倍寺跡 | 安倍文殊院 | 山田寺跡 | 談山神社 ]
長谷寺 | 大神神社 | 仏教伝来の地 | 音羽観音 | 聖林寺
 

 長谷寺
 
 長谷寺は真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三観音霊場第八番札所として、全国に末寺三千余ケ寺、檀信徒はおよそ三百万人といわれ、四季を通じ、ボタン、桜、アジサイ、紅葉など「花の寺」として多くの人々の信仰をあつめています。
 「こもりくの泊瀬山」と万葉集にうたわれていますように、この地は昔は豊初瀬(とよはつせ)、泊瀬(はつせ)などと美しい名でよばれていたので、初瀬寺、泊瀬寺、豊山寺とも言われていました。

 朱鳥(あかみどり)元年(686)道明上人は天武天皇のおんために銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)を西の岡に安置され、のち神亀四年(727)徳道上人は、聖武天皇の勅を奉じて、衆生のために東の岡に十一面観世音菩薩を祀りました。上人は観音信仰にあつく、西国三十三所観音霊場巡拝の開祖となられた大徳であり、当山を三十三所の根本霊場と呼ぶいわれであります。
 
長谷寺のホームページ
http://www.hasedera.or.jp/
[ 今月の催し | 観光データ ]
[ トップページ | 桜井情報 | 桜井観光 | エルト桜井のご案内 | さくらいジャーナル | 掲示板 | リンク集


Copyright 2001 Sakuraitoshikaihatsu co,.Ltd. All right reserved